FC2ブログ

エロゲー好きのおすすめエロゲー紹介サイト > スポンサー広告 > 黄昏のシンセミアの批評レビュー> おすすめのエロゲー > 黄昏のシンセミアの批評レビュー

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏のシンセミアの批評レビュー

2011年07月24日(日)





シナリオ キャラ 演出 感動 ハマり度 おすすめ度
  B   B  C  D   D    C


2010年萌ゲーアワードで大賞を取った作品ですね。

2010年のゲームの中で評判のよかった作品なので私もやってみました。

感想としては確かに丁寧に作られた作品ではあるが無難だな・・・という印象ですね。
キャラゲーとシナリオゲーの間を取ったような作品です。


■黄昏のシンセミア感想とか

このゲームの特徴は伝奇物で妹ゲーで田舎ゲー。

上記にも書いた通りキャラゲーなのかシナリオゲーなのか微妙な感じの作品。
キャラゲーにしては日常シーンがダラダラしてて、会話のテンポの良さがない。

シナリオゲーとしては物語の起伏が少なく退屈する部分が多い。

ようするに会話のテンポやギャグはあまりなくダラダラする。
シナリオゲーにしては物語の起伏が少ない、中途半端な作品に感じます。


なんだろう、キャラゲーの良さを削って他のキャラゲーよりはシナリオを良くした!
って感じのゲーム。

確かに他のキャラゲーよりはシナリオが良くできているが、他のシナリオゲーと比べると少し落ちる。
そんな風に感じました。


ただフローチャートが非常に便利で面白かったところにメモを残す事が出来るので、お気に入りのシーンがお手軽に見直す事ができるのがめちゃくちゃ良いです。


結局は妹ゲーでもあるので妹に萌えれなければ日常シーンが本当に退屈だと思います。


シナリオは起伏が少ないのは確かですが盛り上がるところは結構面白いです。






関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
結婚情報サービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。